広島市在住チワワのてん・まりも・このは・にこすまいるのうしとくつした。~3作目~♪  

2018年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年05月

info


小型犬専用 dog ran & cafe  ivory
ivory
今日も今日とてivory

. . . . . . . . . . . . . . .

本格インド料理店インドダイニング・DURGA(ドルガ)
DURGA
テラス席はワンコOK♪

≫ EDIT

お礼と、いろいろ。

この度はてんくんの為に沢山の皆様からのお花やお悔やみのメッセージを頂きまして

ありがとうございました。

インスタやTwitterでもお悔やみのメッセージを頂きまして

本当にありがとうございます。

おひとりおひとりへのお返事が出来ておりません事を

深くお詫び申し上げます。


また、日曜日にてんくんに会いに駆けつけてくださった皆様

本当にありがとうございました。

月曜日に葬儀と火葬に参列してくださった皆様

本当にありがとうございました。

本当に心が救われました。


20180426-203952-001.jpg


てんくんは今、皆様から頂きましたお花に囲まれて

いつもの様に我が家でのんびりと暮らしております。

時々、にこに怒ってるみたいで

にこが挙動不審な動きでブルブル震えています。

てんくんが常に傍にいる感覚に浸りながら

日々を過ごしています。



少し長くなりますが、

心境となんとなく不思議だった日々を記載してみますね。




昨日は複雑

電話をもらって元気になったり

昨日まで無かった後悔してる気持ちも湧き上がってきたり


後悔してる時は自分で自分を詮索して

重箱の隅をつついて

アレがどーのコレがどーのって



でも

そんな事思ったら

キミに申し訳ない

あたしの事を否定すると

キミはあたしの命なので

キミの事を否定してるようで


だからキミの想いを受け止めてあげたい



あたしは

17年勤めた仕事を辞めてからの53日間

今までになくちび達と長い時間一緒に過ごし

この期間にと、いつもの検査の間隔ではないけど

血液検査、尿検査、心エコーをして


それも

ほんの1週間前の事


まだ薬を飲むほどじゃなくて

まだ点滴するほどでもなくて

少しホッとはしてたけど


明らかにその頃は老化がグッと進んで

更に目が見えにくくなって

更に足腰が弱っていて

嗅覚が極端に鈍って

首か上がりにくくなっていて


それは

周りの誰でもなく

あたし自身が感じてて

これぐらいの歳の子と暮らす人なら

坂道を転げ落ちるような老化の進行は理解できるはず


久しぶりに会った人は

元気がないって思うけど

久しぶりに見ると首が下がってヨタヨタ歩いて

見た目の老化の進行って防ぎようがない


こんなに長い時間一緒にいる事は今まで無かった


キミが一緒に居たいと望んでたんだ


17年間何も変わらなかった日々をキミが力づくで変えた

あたしも引き止められながらも戻る事はしなかった


あたしの知らない間に

少しずつ準備を始めてたように


4月にはいってから

あたしの心も騒つくようになった

なんだろ、このザワつき

でも心の騒つきを鎮めるかのように

何度も病院に行って検査をしてもらったり

異変があったらすぐに診てもらったりした

見た目の老化は否めないけど

見えないところの老化はまだまだ大丈夫そうだと感じてた



最後のランは

足がヨレヨレだから走れないから

目が見えにくいから走れないから

友達の体を借りてあたしと走った

満面の笑みであたしと走った


これは、その時一緒にランで一緒だった友達が言ってた事だけど

いつもあまり笑顔がない友達の子が

あの日は満面の笑みであたしの後ろを走ってたとかで

あんな笑顔で楽しそうに走ってる姿を見るのは初めてだったらしい

ランにいる時もそう言って喜んでた


でも、それはキミがあたしと走ってたんだね


先日、友達が電話で言ってた

あれはてんくんだったんだよって

うちの子あんなに笑顔で嬉しそうに走らんもんって


いつもは目があまり見えてないので

あさっての方で歩きまくってたキミ


あの日は友達の体を借りて走り

本当の自分の体は

不思議といつもの様にあさっての方じゃなくて

ゆっくりだったけど、笑顔であたしの方に向かって歩いていた

何度もいつもの様にてんくーんって呼んだ


いつもは広いランで

迷路にはまったかの様な感じだったのに

あの日は迷路にはまっていなかった


あの時、キミはすべて分かってたんだと


いや。。

すのずっと前からキミは全て分かってたんだと



キミが来た時は

チワワの事は何も分からなかった

チワワっていう犬種すら知らなかった


本を読んだりネットで調べたり

病院の先生に聞いてみたり

それでも、お手上げ


7ヶ月の時K-9トレーニングクラブの門をたたく

アヘアヘ怪獣がすごくてトレーニングどころではなくて

あたしもちっちゃい子だしっていう甘えもあって

1クールは頑張ったけど、てんくんの暴れっぷりに惨敗


1歳を過ぎてやっぱりこのままじゃダメだと

再びk-9トレーニングクラブに通う

土曜日に河川敷でトレーニングして

平日は毎日公園で自主トレ

毎日毎日頑張ったおかげで

1年後にはあたしのコマンドはすべて理解し

ノーリードで横に付いて歩けるようになり

待てと言ったら10分でも待ち

進級テストではラブラドールに勝ち最優秀賞ももらった

本当に二人三脚で歩いた

本当に大変だったけど

充実した濃厚な日々を過ごした

本当に手がかかる子だった


でもね

最期は何一つ手がかからなかった


でもね

最期はキミの願いを叶えてあげてたことが

あたしの唯一の救い


17年間勤めた仕事を辞めさせて、ずっと一緒に居たかったんだ

最期はランで思いっきり走りたかったんだ

あたしと走りたかったんだ


あー楽しかった

って

| てんまりこのっぱにこすまいる | 00:00 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

2018年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年05月